> カテゴリ
全体
名古屋関係
お仕事関係
探検その他
映画関係
未分類
> 帰省レポート3
さてさて、圭介にせかされるのでレポート3をアップします(汗)

今回のレポートは、広島県呉市(くれし)に最近出来たばかりの「大和ミュージアム」です。
大和とは、第二次世界大戦で活躍した戦艦のことです。
戦艦大和というと、男子は血が騒ぐのです。
子供の頃には「宇宙戦艦ヤマト」に興奮し、プラモデルを組み立てたりしたものです。
そんなこんなで、早速圭介のハーレーに2人乗りして行ってまいりました。c0015262_2333950.jpg

呉市は広島市から車で50分程度のところにあるのです。
今回は有料道路を通って行ったので、30分程度で到着しました。
天気も良かったので、ツーリングには最高だったね。

呉は、戦争中に軍艦を作って造船の街として繁栄したのです。


さて、早速館内の展示物を紹介しよう。

まず、実際の10分の1サイズのレプリカが迎えてくれます。
c0015262_2334379.jpg


当時、世界最大と言うだけあってレプリカといえデカイぞ~

これは、人間魚雷として有名な「回天」です。
c0015262_23343230.jpg
この中に人が入って操縦する魚雷なのだ。もちろん体当たりして爆死するのが目的です。ある意味自爆テロより恐ろしいぞ・・・日本の軍隊が恐れられていたのもうなづけるね。
「回天」には色んなタイプが製造されてたらしい・・・恐ろしや
c0015262_2335924.jpg


呉で製造された軍艦の数々。その数130隻以上c0015262_23362723.jpg

ゼロ戦のレプリカも展示してあったよ。
c0015262_23365588.jpg


大和といえば、宇宙船艦だね。原作の松本零士の展示コーナーもあってc0015262_23374724.jpg

ヤマトに登場するキャラのアナライザーもいたのだ。c0015262_23371728.jpg


一番興味を惹かれたのは、映像資料です。
戦争当時の生々しい証言は、とても興味深かったです。
今は、戦争が数十年前の出来事だとは信じられないくらい平和だね。
大和を始め、戦争に散っていった人たちに感謝しなくちゃいけないね。
呉が軍港として世界的に有名だった為、当初原子爆弾の標的に選ばれていたのですが、曇っていたため隣の広島市へ投下されたのです。
呉の沖には、小さな島が多数あって毒ガス工場跡や防空壕など未だに残っています。
感慨深くミュージアムを後にしました。



呉は、海上自衛隊の基地もあって、道路のすぐ側に潜水艦や軍艦が停泊しているのです。c0015262_23382383.jpg
c0015262_23385797.jpg


こんな間近で観ることのできるのは珍しいね。c0015262_23392962.jpg


余談ですが、「仁義なき戦い」が実話であることは有名ですね。
もちろん劇中で菅原文太が演じた役の方も実在するのですが、その実在の人物は現在企業家として活躍されています。
呉市にある某シティホテルもそのひとつなのだ。近くを通ったので記念に一枚。c0015262_23401024.jpg


ツーリングのあとは、広島市内へ帰ってきてカフェタイム。
ってことで、広島在住時によく利用していたケーキ屋さんへ行きました。
店名は「マリオデザート」です。名古屋のキル・フェ・ボンに感じが似てるかな。c0015262_23403299.jpg

広島では有名なイタリアンレストラングループが出店しているデザート屋さんなのだ。
このケーキセット、ドリンクと好きなケーキで525円!!リーズナブル~c0015262_23413388.jpg

いつもお客さんが絶えないよ。

これで、今回の広島帰省レポート終了なのだ。
最後まで読んでくれてありがとね。
[PR]
by aka-man | 2005-05-09 23:47 | 探検その他

名古屋は、他県民から見たら不思議がいっぱい!感じたままの名古屋について書き綴っていくのだ。
by aka-man
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧